スポンサードリンク

2007年05月19日

英検準一級の定義

英検の公式サイトに掲載されている英検準一級の定義は以下の通りです。英検準一級は、TOEICの700点に相当します。
聞く・話す
一般的な事柄について会話ができ、さらに専門的な事柄についても一応の対応ができる。(自分に関する説明や一応の通訳ができ、放送などの大意の理解、電話での応対ができる。)
読む
一般的な事柄についての文章を読むことができ、専門的な文章についてもその大意を理解し、必要な内容を読み取ることができる。(やや高度の文章を理解し、新聞、百科事典などを読んで、必要な情報を的確にとらえることができる。)
書く
一般的な事柄についての文章を書くことができ、専門的な事柄についても要点を書くことができる。(会議などの概要の記録や、自分の意思を書き表すことができる。)

ラベル:英検 準一級
posted by englishman at 18:34| Comment(43) | TrackBack(8) | 英検準一級 定義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英検とは?

英検は以下のように定義されています。

---
「実用英語」の公式な定義は、「日常の社会生活に必要な英語」となっています。英検は、「聞く・話す・読む・書く」の4技能を、基礎知識から運用能力まで総合的に測るように構成されていますから、英検が検定する英語は、「状況などに応じて適切にコミュニケーションができる、一般的・総合的な英語」と言えます。
 試験は、初歩段階の5級からネイティブ・スピーカーに準ずる1級までの7つの級に分かれています。各級の程度・領域・内容は「実用英語技能審査基準」に規定されており、試験問題はこの審査基準にもとづいて作られます。
[参照元]英検
http://www.eiken.or.jp/info/about/index.html
---

英検の試験方法は以下の通りです。
---
「聞く・話す・読む・書く」の4技能を、それぞれの級に応じた方法で試験します。「審査基準」では、測定領域として「聞く・話す」がすべての級で最初の項目に位置づけられ、3級以上には「特に口頭で表現できる」という条文が明示されており、実用面における英語能力の審査に重点がおかれています。そのため、英検は昭和38年の発足当初から、筆記試験に加えて、すべての級でリスニングテストを、3級以上では面接形式によるスピーキングテストを実施し、それぞれの技能を直接測定しています。
[参照元]英検
http://www.eiken.or.jp/info/about/index.html
---
ラベル:英検
posted by englishman at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 英検とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英検準一級 模擬試験

英検準一級の模擬試験。

[参照元]ライセンスワールド

英検準1級試験のオンライン模擬試験です。
受験の予定のある人もない人もチャレンジしてみてください。

ライセンスワールド:英検準1級模擬試験
http://www.licenseworld.co.jp/cgi-bin/lic.cgi?Type=67
ラベル:英検 準一級 模擬
posted by englishman at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 英検準一級 問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。